プエラリアと乳がんの関係性

バストをかかえる女性

プエラリアの副作用で乳がんになる確率が高くなる???と言われることがあります。

 

 

結論から言うと、プエラリアを飲むことと乳がんの関係性には科学的な根拠はないです。

 

 

ただ、プエラリアを飲むと女性ホルモンの一種である、「エストロゲン」が活発になり女性らしい体とバストアップを促進します。

 

 

そのエストロゲンは乳がんの細胞の進行を早めます。

 

 

そのため、プエラリア飲むと、乳がんになる確率がるという可能性はゼロではないんですね。

 

 

プエラリアは飲み過ぎはダメ

バツのプラカードをかざす女性

プエラリアは女性らしい体を作りバストアップに高い効果をもたらしますが、飲み過ぎてしまうと、こういった副作用の可能性も高まってきます。

 

 

プエラリアは一日200〜400rが飲んでいいリミットです。プエラリア系のサプリは一日の容量が書いてあるので、それをキチンと守っていればまず問題はありません。

 

 

大切なのは、体調の変化を感じたときは、飲むのを少なくするか、中止するかしたほうがいいということですね。

 

 

極論言ってしまうと、どんなサプリにもそういったいい面と悪い面があるので、万能なものは無いということです。

 

 

プエラリアサプリはきちんとしたものを飲むのが大事です。

最適の文字

プエラリアサプリは多くのものが出回っていますが、当サイトでは私が実際に飲んだもので、効果があったものを載せてあります。

 

 

また、プエラリアが入っていないバストアップサプリも掲載しています。

 

 

高品質のプエラリアを容量を守って飲むのが一番安全ですね。体調の変かがあったら、サプリメントはいったん中止してみる勇気も必要です。

 

 

これも言ってしまば、人の体質は千差万別なので、サプリメントも合う合わないがあります。化粧品なんかと一緒ですね。

 

 

ただ、最近のサプリは成分も厳選したものが入っているので、それなりに効果が高いものが多いです。

 

 

女性らしい体を作るにはやはり一度は利用してみたいものであることには間違いありません。

 

 

 

トップページ